ナビの目印に書いてあると嬉しいもの

こんにちは。ばんです。
今回はナビの目印に書いてあると嬉しいものについてお話ししたいと思います。

①目印に書いてあると嬉しいもの

下記の記事でナビで案内している途中に寄り道が出来ると良いという話をしました。

この記事では喫茶店など一服したり寄り道を楽しめるスポットを目印にするとよいという話をしましたが、今回はもう少し実用的に目印としてあったら便利だと思う箇所についてお話したいと思います。

・コンビニ

飲み物や軽食などを購入できる基本的な場所であり、スマートフォンのバッテリーも売っているので、緊急時にも便利です。
後述のATMやトイレもあるマルチで役に立つポイントなので書いてあると嬉しいポイントです。

・ATM

お金をおろせる場所は何処にあっても困らないので目印にあると大変便利です。
目印にする場合は何処の銀行のATMなのかまで書いてあると大変親切です。

・公衆トイレ

生理現象はいつどこで起きるか分かりません。ですので、小さくてもいいので緊急時に使える公衆トイレについて書いてあると便利です。

・交番

これはナビで役立つというより、ある事を知っているという事が重要になります。
ナビレコが使用不可能な状況になり迷子になった時、目指す場所としてあるかないかを知ってるだけで安心感が違います。

・ドラッグストア、スーパーマーケット

コンビニに代替して使う事が出来ます。靴擦れなどの歩く上でちょっと気になる軽いけがへの対処はドラッグストアで、飲食物に関して言えばスーパーマーケットが書いてあると便利です。

ナビを書く際の参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メニューを閉じる