実地調査の思い出~高田馬場駅からゲーセンミカドまで~

こんにちは。ばんです。

ナビエディットのルートを作るとき、GoogleMapの画像だけでは分からない情報もたくさんあります。
そこで、実際に現地へ行ってナビに必要な情報を集めにリサーチに行くことがあります。
今回はその中でも特に印象的だった、知人と一緒に行った高田馬場駅戸山口からゲーセンミカドのルートまでのリサーチの思い出を書こうと思います。

下記のURLからナビをダウンロードできますので、もし機会があれば使ってみてください。

https://navirec.amedia.co.jp/5717/

①高田馬場駅の様子

調査に行ったのは2020年1月の夕方でした。この日の戸山口は通勤時間という事もあり、スーツ姿の人が多かったように思います。
また、日本点字図書館があるなどの土地柄から、駅の中で2人ほど白杖をついた人とすれ違いました。
ただ、駅を出て右折した後はそこまで交通量を感じなかった為、人にぶつかるようなルートではないことがここで分かります。

②いい匂いのするお店

基本的には山手線の高架に沿って移動するルートなのですが、ここで最も注目するべきは匂いなのです。
駅から右折後まっすぐ歩いているとメロンパンのお店があるのですが、ここからとてもメロンパンの甘い香りがしてきます。

さらにそのまま真っすぐ歩いていると、やきとんみつぼというお店があります。
ここからは、肉の焼ける匂いがしてきます。先ほどのメロンパンとはまた違う食欲をそそられる匂いです。

ここまで、匂いについて書いてきましたが、匂いはナビを聴きながらでも感知できるため、大変目印として有用であると思います。

③ゲーセンミカドへ到着

そして最後にミカドへ到着し、自動ドアが開くと、周囲ではしないゲームセンター特有の大きな音がする為、見えていなくても自分が何処に到着したかが分かります。

このように、通行人の多さ、匂い、周囲の音などは地図だけ見ていては分からない要素ですが、確実に歩くときの参考になる為、現地調査をしてナビを作成するとき、実際にナビを使って歩くときに参考にしてみてください。

コメントを残す

メニューを閉じる