弱視と整体

こんにちは。ばんです。
10年来の悩みを解決しようと思いました。
今回は整体に行って分かった事をお話ししたいと思います。

①外堀を埋めて本丸へ

これまでこのブログ記事で何度も何度も書いてきた通り、首や肩や腰が痛いと触れてきました。
体の痛みに対処するために、色々な事を試してきたことはこのブログでも触れたかと思います。
ですが、外堀を埋めるだけでは限界がありました。

ある日、某ゲーム実況者が整体に行ったらマウスの感度が合わなくなってしまったという動画をたまたま見ました。
そこまで言うのであればと、自分も近所の整体院を探していってきました。

結果、確かに姿勢は良くなり血流も良くなりました。
ですがそれだけでなく、副産物として「目が良くなった」気がするんです。
厳密にいえば「物を見るのに無駄な力を使わなくなった」ように思います。
以下でもう少し詳しく書きたいと思います。

②整体の効果

ばんが感じた効果なので、全員に適応されるかどうかは分かりませんが、下記のような効果を感じました。

・視線が上がった

背筋が伸びたことで目線が一気に上がりました、体感的には2~3センチくらいでしょうか。
下り階段を降りる時に目線がずれて恐怖を感じたときに嬉しくなりました、
それと同時に、今までの物の配置は背が低すぎて体に負担を掛けていたことに気づき、パソコンとテレビの配置を高くしたら目の負担が軽くなりました。

・目の焦点が合いやすくなった

さて、ばんは元々遠視持ちです。ですが、物は近づけたり大きくしたりする事で見やすくなると
思っていたので、近くで物を見ることが見やすいことだと思って生きていました。

ですが、上述のように視線が上がったことで遠くが見やすくなったことで気づきました。
ひょっとして今までよりも遠くを意識してみた方が良く見えるようになるんじゃないか…と。

確かに高い集中力で物を見たい場合は、遠視でも近づけた方が見やすいと思います。
ですが、そこそこの集中力且つロングスパンで見ようとした場合、明らかに距離を取った方が見やすい。
加えて今まで大きく効力を感じなくなったメガネが、適正距離で像を結べるようになったので明らかに効果を発揮している気がします。

これは今までにない発想だったので、心の底から驚きました。

・姿勢が良くなった

高さを確保して物を見たり、適正な距離で物を見るようになってから、首や肩にかかる負担を小さく出来るようになり、結果良い姿勢を維持しやすくなりました。
結果、劇的に首を回す回数が減り、関節から嫌な音が鳴らなくなりました。

・血流が良くなった

見た目では分かりませんが、血流が良くなりました。
今までと同じ方法且つ同じ時間でお風呂に入ったところ、見事にのぼせました。
原因が血流が良くなったこととしか思えないので、効果を実感した瞬間です。

③姿勢が変わると世界が変わる

ばんは長い年月をかけて、丸まった姿勢が当たり前でした。ですので、正直変化に戸惑っています。
ですが、「良い状態」を知ることで結果的に何を直すべきか学べるので、仮にすぐに効果が実感できなくなったとしても、自分の生活をどう改善すればいいかが分かります。文字通り世界が違って見えるのです。

整体は正直お金がかかります。安い買い物では無いです。
ですが、少なくともばんはその価値はあったと思います。

自分の生活を見直してみようという方は、ナビ広場ブログにリクエストを出してみてはいかがでしょうか?

尚、目線が高くなると明らかに見えている範囲が変わり、最初はとても違和感を感じました。
充分に気を付けて歩きましょう。

コメントを残す

メニューを閉じる