視覚障碍者と詰め替え用商品

こんにちは。ばんです。
読者の皆様は洗剤などが切れたとき詰め替え用商品使ってますか?
今回はそんなお話です。

①詰め替え用の商品

調味料、洗剤、シャンプーなど、詰め替え用の商品が様々なところで売られています。
元々使っていたボトルに継ぎ足して使います。
詰め替え用商品の良いところは大体コストパフォーマンスが良い事です。
詰め替え前と同じ量でも100円くらい安上がりに済んだりします。

②上手に詰め替えられるか

では単純に詰め替え用商品が安いから購入すればいいか…と言われると悩ましいところがあります。
文字通り、上手く詰め替えられるかがネックになるのです。
詰め替える内容物がそれなりの大きさのある固形物なら、詰め替えに失敗しても拾い集めるのにそこまで苦労はしませんし、結果損失も生まれにくいです。
問題は液状の物を詰め替える場合で、これはばんも作業するときは緊張します。
詰め替えに失敗した場合の後処理に手間がかかり、挙句固形物と違ってふき取った後は使えないのでその分マイナスになります。
この為、詰め替えに自信がない場合は詰め替え前の商品を使いきりと割り切ってしまうのも1つの手です。

それではどうすれば上手に詰め替えが出来るか…。
結論、最後にモノを言うのは経験、トライ&エラーを積み重ねる事が確実です。失敗して覚えるしかありません。
ですが、例えば液状のものを詰め替えるなら漏斗みたいなものを用意するとか、商品パッケージに詰め替えが行いやすいように、細めのノズルがついている商品を選ぶなどの工夫のしようはあります。

ばんも先日食器用洗剤の詰め替え作業を漏斗無しで行いましたが、躊躇わない事が大事だったりします。
躊躇った結果勢いの弱くなった液体は放物線を思うように描かず滴り落ちる為、かえって容器に入りません。
注ぎ口を確認したら躊躇せずに注いだ方が、結果上手に入る事が多いです。

ちなみに容量の確認は、注いだ時に音がすれば満杯に近づくほど音が高くなるので分かりやすいですが、
音がしない粘性の高い液体の場合は軽く液体を揺らしてみると、触らなくてもある程度容量の検討はつきます。
試してみてください。

③詰め替え用商品は何処で売ってる

詰め替え用の商品は詰め替え前の商品を買った店舗に置いてある事があります。
概ねスーパーやドラッグストアで購入するようなものが詰め替える対象になると思いますので、詰め替え前の商品が気に入った場合は同じ店舗に足を運んでみましょう。
逆に、詰め替え用の商品が売っているという事は詰め替え前の商品も近くに陳列されている可能性があります。
詰め替え用商品は詰め替え前より大きいサイズで売っていることもあり、そちらの方が目立つという事もあったので、参考に探してみましょう。

店舗を新規に開拓してみたいという人はナビ広場でリクエストを出してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メニューを閉じる