ナビの作成時期を確認しておこう

こんにちは。ばんです。
今回はナビの作成日を確認しておこうというお話です。

①使っているナビが最新の道路の状態と一致しているとは限らない

ナビエディットで作成したナビは後から修正する事が可能ですが、手動での修正になる為、公開されている状態のナビについて絶対に現状が反映されているとは限りません。
例えば、作成されたナビが1年くらい前の物だと、コンビニがあると書いてあるのに既に無くなっている等という現象は起きる可能性があります。
また、対策が不可能な物として、ナビを使ったその日偶々工事をやっていて通行止めになっており迂回しなければならないという事も十二分にあり得る話です。

このように、作成されたナビは今現在の状態を示すものでは無く、あくまで作成時点で確認できる範囲の情報であるという点を踏まえて使う必要があります。

②作成日時は確認しておこう

では、どうすれば過去の情報と現在の情報のミスマッチが防げるかといえば、出来るだけ新しいナビを使うというのが一番手っ取り早いでしょう。
例えば1年前に作成されたナビと1日前に作成されたナビであれば、ミスマッチが起きる可能性が低いのは後者という事になります。
ナビ広場に作成日は書いてあるので、ダウンロードする際に作成日は確認したうえで使用するようにしたほうが、トラブルが起きる確率を下げる事が出来ます。

以上、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メニューを閉じる