ナビレコ活用法~コインランドリー~

こんにちは。ばんです。

執筆しているのは3月なのですが、この時期はいいお天気が続いています。
花粉さえなければ布団を干すのにちょうどいい時期なのですが、そうもいかない今日この頃です。

今回は1人暮らしの生活で偶にお世話になるコインランドリーのお話です。

①お目当ては乾燥機

さて、1人暮らしをしている人で乾燥機を持っている人は少ないのではないでしょうか?
乾燥機はそれ自体の電気代が高いですし、ベランダでも相当スペースを取ってしまいます。
ですが、欲しくなる時はあるんです。シーツなど大きくてどうしてもその日の内に乾いてほしいものだったり、雨の日が続いて部屋干しでは洗濯物が乾かない…など。

そんな時に使えるのがコインランドリーです。
コインランドリーには洗濯機以外にも乾燥機が大体あります。
概ね1回2~300円程度で大きな物も乾燥できるので、日常的にとまでは言わなくてもここぞという時にあると便利なんです。

また、上述したように洗濯機もあるので、1人暮らし開始初期で洗濯機が無い状態でも知っておけばとりあえず洗濯はできますので覚えておきたいです。

②コインランドリーは住宅街の中

さて、そんなコインランドリーですが、街中で大通りを歩いていても見かけません。
むしろ住宅街の中でひっそりと無人で運営されているところをよく見かけます。
視覚障碍者にとってはこれが鬼門で、風景が似ていて道が複雑な住宅街の中にあるので、見つけづらいことこの上ないのです。

ですので、必要になりそうな人は早めにナビ広場でリクエストを出してしまうのが良いでしょう。
迷子になるリスクも高い場所にあるので決して無理はしないようにしてください。

コメントを残す

メニューを閉じる