ナビレコ活用法~警察署・交番~

こんにちは。ばんです。
普段は行く場所ではありませんが、暮らしていく上では知っておきたい場所です。
今回は警察署・交番へ行く事について考えていきましょう。

①長く生きていると警察と関わる機会があるかも

子供の頃、110番へ通報する事は一生無いものだと思っていました。
地域によって治安の良し悪しはありますが、普通に生きていて犯罪が目の前で起きる事なんて無いだろうと思っていました。
実際、未だに犯罪は見たことがありません。

しかし、1人暮らしをしてもう7~8年になりますが、110番通報を2回したことがあります。
詳細は伏せますが、どちらも口論がエスカレートしたもので、1回目は女性の悲鳴が聞こえ、2回目は金銭トラブルのようでした。
深夜でマンションの管理人は不在。誰かが通報しなければ引っ込みがつかず酷いことになっていたかもしれないと思っています。

勿論、そういった事が無いに越したことはないですが、いざという時は案外あるものだと思います。

②警察署・交番へ行く

さて、通報で関わる事はあるといいましたが、警察署や交番へ行く必要はあるのか。
勿論道を聞いたり、落とし物をしたときに知っておいた方がいいという事もあります。

実は前述した1回目の通報からしばらくして、不審者につけられるという経験をしました。
就活中で面接からの帰り道でした。
通報と関係あるのかどうかは分かりませんし、目的も未だに分かりません。そのまま自宅へ帰る訳にはいかず、全力で走っても視力と体格差で逃げ切れないと踏み、下手に刺激するよりは一切反応しない方がいいと判断し、最寄りの警察署へ向かって静かに歩くことを決めました。
土地勘がある人間なら離れると判断したのですが、結局振り切ることは出来ずそのまま警察署へ入り、事情を話して自宅まで警察官に付き添ってもらう事になりました。

長い人生の中でこういったことも無いとは言えず、視覚障碍者である以上、こうした状況で取りうる選択肢は限りなく少ないです。
それでも知っていれば、上述のような選択肢も出てきますので、安全に暮らしていくためにも、最寄駅から警察署などのルートは覚えておいて損は無いでしょう。

予習したい方は、ナビ広場でリクエストを出してみてはいかがでしょうか?

2件のコメントがあります

  1.  道案内をしてもらうのに,交番は最も頼りになる場所です。街角の交番にはおまわりさん不在のことも多く、頼れませんが、駅の近くにある交番は、利用したことがあります。私はかつて、込み合っている新宿駅の西口から京王プラザホテルまで、腰に拳銃を提げたおまわりさんに案内していただいて、心強かった記憶があります。また、かつての同級生は、池袋の繁華街で居酒屋さんを探すのに、交番を利用したといいます。交番なら、ぼったくりというのですか、法外な料金を請求するお店は紹介しないだろうと考えての行動で、それは賢明なアイディアだと、印象深く覚えているのです。

    1. 鈴木由紀子 様

      お世話になっております。ばんです。
      コメントありがとうございます。

      駅の近くの交番の方が人がいる…というのは有力な情報ですね。
      ありがとうございます。
      また、警察官についてきてもらったことがあるとの事で、
      私も心強いと思ったことをよく覚えております。

コメントを残す

メニューを閉じる